見た目ではそうと分からないかもしれませんが、20代半ばころから肌のコラーゲンは減っていき、たるみやすい皮膚になります。皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されており、肌の弾力を支えているのが真皮層のコラーゲンやエラスチンです。人間は体内でコラーゲンを生成していますが、年を取るとコラーゲンの質は落ちる上に、量も少なくなります。コラーゲンやエラスチンが失われると肌は弾力を保つことが難しくなってしまい、自重に引かれて下へと垂れ下がるようになります。肌に適度な弾力を維持するためにはコラーゲンやエラスチンが必要ですが、紫外線や栄養の偏りも、保湿成分を生成しづらくします。時間の流れはどんな人にも等しく起こりますが、食べ物に配慮したり、紫外線から皮膚を保護することもたるみ対策になります。紫外線は年間通じて地表に降り注いでいますので、冬から春先にかけても紫外線予防は大切になります。冬でも夏ほどではありませんが紫外線は地上に届いているので、たるみ対策のためには紫外線を防ぐことが重要です。UVカット加工が施された衣類や、日焼け止めクリームを上手に使いたいものです。肌のたるみを防ぐには、毎日の小さな積み重ねを継続して行っていくことが、効果を発揮します。体の中で新しくコラーゲンをつくるには、たんぱく質な他、鉄分やビタミンCが必要なので、食事の献立も重要です。肌にいいものを摂り、肌トラブルの原因になる食べ方を改めることで、たるみ予防のほか、にきび対策や保湿ケアにも役立ちます。アテニア クレンジング