ストレッチでダイエットを成功させるには、どんなことをするといいでしょう。ダイエット効果のあるストレッチの方法について調べてみたところ、ストレッチを行う時間帯が重要になるそうです。ダイエットにいいのは、風呂上がりのストレッチ運動です。なぜ入浴後なのかというと、入浴後は体が温まることによって程よく筋肉が柔らかくなっているため、筋肉が通常より伸びやすくなっているからです。緊張から解き放たれて、一息ついている時であることも、ストレッチに適している要因の一つです。つまり、起きたばかりで筋肉が強ばっている時は、ストレッチ効果があまり得られませんので、ダイエットには向いていません。体がきちんと起きていない時に、ストレッチのような負荷のかかる運動をすると、筋肉を痛めてしまったり、ダメージをましてしまうことがあるようです。他の時間帯としては、食後の30分程度はストレッチに向いていない時間帯になります。運動や風呂と同様、ストレッチも、食後30分以内にしないほうが体のためになります。食後に血流をよくしてしまうと、消化のために胃腸に集まっていた血液が分散してしまって、消化を阻害してしまうからです。泳いだり、走ったりといった運動と違って、ストレッチは体全体を一気に使う運動にはなりません。体の中でこの部分を使いたいという場所の筋肉を使う運動です。ダイエットのためにストレッチを行う場合は、下腹部、背中、足や腕など、体のどの部分の筋肉を刺激し、脂肪燃焼を促進するかを決めておく必要があります。ヴィトゥレ  ビュウペッロ  渋谷